2017.07.01

ラジオNIKKEI賞は、福島巧者
ステイゴールド産駒で財布もゴールド

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki  photo by Nikkan sports


 マイブルーヘブン(牡3歳/栗東・高橋義忠厩舎)は1勝馬で、昨年暮れの阪神ダート1800m戦で強烈な末脚を見せ勝ち上がっている。芝でも山吹賞(中山・芝2200m)で2着に入っており、ダート馬と決めつけ、軽視するのは禁物だ。先行激化で前崩れの展開になれば、後方待機のこの馬にチャンスが巡ってきそうだ。

 血統的見地から言えば、セダブリランテス(牡3歳/美浦・手塚貴久厩舎)も見逃せない。戦績は中山ダート1800m、新潟芝1800mで無傷の2連勝。兄モンドインテロは今年のGII日経新春杯3着など重賞で活躍中だ。ダービー馬キズナや三冠馬ナリタブライアンといった名馬と同じ牝系を持ち、さらに同じ牝系の昨年の勝ち馬ゼーヴィント(父ディープインパクト)とは、母の父まで同じブライアンズタイム。セダブリランテスの父はディープインパクト産駒のダービー馬ディープブリランテなので、非常に似た血統構成となっている。ただし、ディープブリランテ産駒の福島芝1800m成績は6戦して5着が最高の未勝利と、父の産駒の相性はよくない。牝系のよさで、それを払拭できるか。

 その他、GII弥生賞を勝ったカミノタサハラの全弟でディープインパクト産駒のクリアザトラック(牡3歳/栗東・角居勝彦厩舎)、ダービー2着馬サトノラーゼンの半弟でハーツクライ産駒のサトノクロニクル(牡3歳/栗東・池江泰寿厩舎)、唯一の重賞勝ち馬ライジングリーズン(牝3歳/美浦・奥村武厩舎)など、今後の飛躍が期待される血統馬が揃った今年のラジオNIKKEI賞。筆者は上記ステイゴールドとルーラーシップ産駒、計4頭を中心に狙ってみたい。