2017.06.22

牝馬が強い宝塚記念。「今年は
ミッキークイーンが狙える」説に根拠あり

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 そうは言っても、競馬となれば、話は別。第一、今回はキタサンブラック(牡5歳)という現役最強馬が立ちはだかる。勝ち負けまでは「厳しい」と見るのが、普通だろう。

 ただ一方で、こんな見方もある。先の専門紙記者が言う。

「東京競馬場でオークスは勝っていますが、この馬が最も力を発揮できるのが、輸送のない関西圏の競馬です。それも、宝塚記念の舞台となる阪神競馬場が最も得意。これまで6戦して3勝、2着3回と連を外していませんからね。

 また、前回は『勝って当然』というプレッシャーがあった浜中俊騎手も、今回は『負けてもともと』と開き直って騎乗できる。そこは、大きなメリット。距離も合いそうですし、ひょっとしたら馬券圏内、いやそれ以上の好走の可能性だってありますよ」

 近年の宝塚記念では「牝馬が強い」。その傾向が、今年の紅一点となるミッキークイーンに味方することは、大いに考えられる。

■競馬 記事一覧>>