2017.06.22

牝馬が強い宝塚記念。「今年は
ミッキークイーンが狙える」説に根拠あり

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 ミッキークイーンの弱点は、何よりも勝負どころで反応が鈍いこと。そのことひとつを取り上げても、確かにマイラーっぽくはない。

 前走でも、直線に入って2着になったデンコウアンジュとほぼ同じ位置にいながら、外からデンコウアンジュがスパートすると、まったくついていけず、逆に怯(ひる)んだ。一流のマイラーなら、あそこで後れを取ることはない。相手を弾き飛ばすようにして抜け出してくる。

 先述の専門紙記者もそこを指摘する。

「あそこで、急に戦意喪失という感じになりましたからね。この馬はマイルが向かないうえに、もまれ弱い。その弱点がもろに露呈したのが、前走だったということでしょう」

 陣営は、その前走の負けっぷりを見て、最初に故障を心配したらしい。しかし、そんなアクシデントはどこにもなく、馬は元気いっぱいだという。

 そこで急きょ、安田記念出走はやめて、距離的に向く可能性が高い宝塚記念に矛先を向けてきた。

 実は、ミッキークイーンのオーナーは、「同じレースに複数の持ち馬を出走させたくない」という考えの持ち主で、宝塚記念には同オーナーの持ち馬であるミッキーロケット(牡4歳)が出走することが決まっていたため、最初は難色を示していたという。

 そのオーナーを説得して出走に踏み切った陣営の意欲は買える。