2017.06.12

すでに高い完成度を示すシエラネバダ。
それでも「まだまだよくなる」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 先述の大木氏は、兄たちと比較しながらシエラネバダへの見通しについてこう語る。

「(シエラネバダの)おっとりした気性については、マウントロブソンもそのような感じだと聞いているので、母から来る特徴だと思います。距離は長いほうがいいタイプで、現時点でも完成度は高いですが、まだまだよくなっていきそうな気配があります。早い時期から対応しつつ、3歳にかけてさらに上昇していくのではないでしょうか」

 シエラネバダは、すでに管理する音無秀孝厩舎(栗東トレセン/滋賀県)に移動し、デビューへ向けて調教を重ねている。先々の成長が見込めるだけに、この時点で高いパフォーマンスを見せれば、さらに期待は膨らみそうだ。

 まずは、間近に迫ったデビュー戦を注視したい。 

■競馬 記事一覧>>