2017.05.22

激論のすえ決定! ダービーを暗示する
「3歳牡馬ランキング」最終版

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

 3位は、前回と同じくレイデオロ(牡3歳/キングカメハメハ)。ぶっつけ本番だった皐月賞でも、後方から脚を伸ばして5着と健闘した。陣営が当初からダービーを見据えていたこともあって、評価が落ちることはなかった。

木南氏
「藤沢和雄師が『ダービーがターゲット』と話したのは、年が明けてからかなり早い段階でした。皐月賞は明らかに絶好調とまではいかない出来で、『それでもこの馬が見せてきた走りなら』と最後まで本命にするか迷ったものです。結果は後方から差を詰めての5着。この5着、ものすごく価値があると思います」

本誌競馬班
「皐月賞上位組では、レイデオロが最もダービー向きと考えています。そもそもダービーに照準を合わせたローテーション。今度は実力どおりの結果が期待できそうです」

 4位は、前回1位だったスワーヴリチャード。かなりランクを落としたものの、コース適性に疑問があった皐月賞は度外視して、実績のある東京コースでこそ、という声が多かった。

吉田氏
「スワーヴリチャードは、もともと左前肢のほうが立ち気味で、右前肢の爪のほうが少し寝気味。加えて、右回りの追い切りではどうしても4角でハミ受けが悪くなり、直線ではすぐ右手前に戻してしまうことを踏まえれば、やはりサウスポーと判断してよさそうです。また、皐月賞では一番緩んだラップが12秒4で最速ラップが10秒8と、脚を溜(た)める場面が少ない形でレースが推移したため、一瞬の爆発力を武器とするこの馬の持ち味が生かせなかった印象があります。同馬にとっては、ある程度のポジションが取れて、上がりが速めになる競馬が理想。府中の2400mでこそ、輝ける馬だと思います」