2017.05.17

老舗牧場の歴史を紡ぐレーヌミノル。
オークスで「新たな伝説」となるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 フジワラファームは、俊哉氏の父・昭三氏が1960年代前半に始めた牧場だ。その頃から、この血統を大切にしてきた。

「この一族からは、コンスタントに活躍馬が出てくれたんですよね。ヤマトタチバナが産んだカミノロウゼンは1976年の桜花賞に出走しましたし、ヤマトタチバナの孫でレーヌミノルの祖母であるプリンセススキーは重賞を勝っています。そういったこともあって、この血統を持ち続けてきたのだと思います」

 牧場にとって、カミノロウゼン以来の桜花賞出走となったのが今年。およそ40年ぶりの出走で、しかもタイトルまで獲得したのだから、藤原氏が驚くのも当然のことだった。

 そんなレーヌミノルがデビューしたのは、昨年8月。新馬戦を快勝すると、続くGIII小倉2歳S(9月4日/小倉・芝1200m)では6馬身差の圧勝劇を演じた。

 実はこの少し前、牧場の創業者である昭三氏が亡くなった。牧場を開き、何十年にもわたって経営してきたその人の死に対して、まるでゆかりの一族が弔うかのような勝利だった。

 とはいえ、レーヌミノルに関わる人々にとって、彼女の重賞制覇は決して予想外のことではなかった。フジワラファームはデビュー前の育成施設も有しており、レーヌミノルもそこで調教を積んできた。藤原氏によれば、当時から「(レーヌミノルは)時計を出そうとすればいくらでも出るので、これなら早い時期から活躍できると思っていた」という。その手応えどおり、デビュー戦からの連勝で重賞タイトルを手にしたのだ。