2017.05.08

皐月賞ワンツーの池江調教師が
ダービー制覇を託すのはサトノアーサー

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 昨年のダービーでは、同じく池江厩舎のサトノダイヤモンドがわずかハナ差で2着に敗れた。馬名からもわかるように、オーナーはサトノアーサーと同じ里見治氏である。

 陣営とすれば、今年こそダービータイトルをオーナーにプレゼントしたいという思いもあるだろう。それが、「この馬の使命はダービー」という言葉と、早くからそこ一本に絞った調整に現れているのかもしれない。

 池江調教師が認める素質の持ち主は、競馬界最高峰の舞台でその力を証明することができるのか。悲願成就へ向けて、サトノアーサーがダービーへと歩を進める。

■競馬 記事一覧>>