2017.05.08

皐月賞ワンツーの池江調教師が
ダービー制覇を託すのはサトノアーサー

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 詳しい話を、関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「デビュー前、そして初戦の時点では、サトノアーサーに対する評価はそこまで高くなかったんです。ただ、2戦目の前に動きが一変し、調教師の評価も急上昇。その後、3戦目、4戦目と連敗し、さらに同厩舎の2頭が皐月賞でワンツーを決めても、『厩舎の横綱』という評価は変わっていません。池江師から出てくる言葉は、『この馬の使命はダービー』と一貫していて、ダービー制覇へ相当力が入っているようです」

 とはいえ、きさらぎ賞と毎日杯で連敗したのは事実。それをどう見るかが勢力図を考えるうえでのポイントとなるが、陣営は「2戦とも負けた理由ははっきりしている」と意に介さないようだ。先述のトラックマンが続ける。

「きさらぎ賞は苦手な重馬場になり、陣営は『まったくフットワークが違った』と言っています。毎日杯は、とにかく溜めに溜めて直線だけの競馬。展開的に『届かなくても仕方ない』という陣営の解釈でした。今考えれば、毎日杯を勝ったアルアインはのちの皐月賞馬で、その馬に直線だけで追い詰めて半馬身差まで迫りましたからね。負けて強し、でしょう。

 毎日杯で後方待機の競馬にこだわったのも、ダービーを勝つためのレースを覚えさせたかったから。もとから皐月賞はパスする公算が大きかったようで、本当にすべてダービーから逆算した計画を立てています」