2017.04.17

遅れてきた大物が登場。音無調教師が
ダービーを意識したアドミラブル

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「2戦目はハイペース、3戦目はスローペースという展開でしたが、音無調教師は『どちらのペースにも対応できたのはよかった』と話し、さらなる手応えをつかんだようです。特に3戦目は、着差の開きにくいスローからの瞬発力勝負。そこで3馬身差の圧勝ですからね。あの切れ味は3歳牡馬のなかでも最上位でしょうし、今後への希望はさらに膨らんでいると思います」

 ダービートライアルとして長年定着している青葉賞だが、このレースを勝ってダービーを制した馬はまだいない。しかし、ノド鳴り手術を見事に乗り越えて、父ディープインパクトを彷彿とさせる切れ味を発揮できるようになったアドミラブルなら、そうした"ジンクス"を打ち破ってもおかしくない。

 その快挙を遂げる前に、まず注目は青葉賞。そこで、強烈なインパクトを与えるレースを見せてくれることを期待したい。

■競馬 記事一覧>>