2017.04.03

いよいよ桜花賞。クラシック戴冠を占う
最新版「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

 2位には、フラワーCを圧勝したファンディーナが一気にランクイン。桜花賞ではなく皐月賞に向かうため、クラシック第1弾でのソウルスターリングとの無敗対決は実現しなかったが、待望のディープインパクト産駒の大物登場で、もともと高かった牝馬戦線のレベルが一段と上がった。

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「フラワーCの強さは、どう形容すればいいのでしょう……。3角を回って、残り600mで他馬が追い出しても、ファンディーナは持ったまま。仕掛けたのは、残り450mからの250mくらいでした。そこで後続を一気に引き離すと、鞍上の岩田康誠騎手はターフビジョンを見つめて、最後まで追うことはありませんでした。それで、5馬身差の圧勝。きちんと追っていれば……と考えると、ソウルスターリングより高い評価を与えてもおかしくないほどです」

吉田氏
「500kgを超す雄大な馬体、かき込みの利いたストライドの大きいフットワークは、好素材の証明。前肢は内向気味でややトモを回す走法ですが、抜群のクッション性を誇る長いつなぎがそれをカバーしているのでしょう。後肢のつなぎも柔らかく、上質のスピード持続力があり、距離は延びれば延びるほど、よさそうなタイプです。

 不安要素を挙げるとすれば、テンションの高さ。スッと行き脚がつくため、まだ馬込みで競馬していませんが、これから多頭数での競走が必至のGIを迎えるにあたって、その辺りは心配の種になります。ともあれ、ディープインパクト産駒の牝馬らしからぬ雄大な馬体とダイナミックなストライドはピカイチ。素材的には、ソウルスターリング以上と言えます」