2017.04.03

いよいよ桜花賞。クラシック戴冠を占う
最新版「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

 1位は、4戦4勝のソウルスターリング。前哨戦のチューリップ賞でも圧倒的な強さを見せて、本番の桜花賞では断然の支持を集めることになるだろう。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「チューリップ賞に関して言えば、何十回、何百回とレースをやり直しても、ソウルスターリングが勝つと思います。競馬に絶対はありませんが、この馬のチューリップ賞については、”絶対”に近いものがありました。それぐらい強かったですね。時計も優秀で、外枠から前々で運んで抜け出す競馬は見事なものでした。あえて不安材料を挙げるなら、桜花賞本番では他馬の徹底マークにあう点がどうか」

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「チューリップ賞は早々に前を捕まえて抜け出し、そこから右手前に戻ったところで決着はついていました。以降、馬も本気を出していないのではないでしょうか。昨年はチューリップ賞組が春のクラシックを分け合いましたが、今年もそのレベルにあって、ソウルスターリングの戴冠の可能性はかなり高いと思います。チューリップ賞でつけた2馬身差を逆転されるシーンが浮かんできません。

 スタートがよく、スッと好位につけられ、なだめれば我慢できて、追い出すと鋭く反応してくれます。一気にトップギアに入る爆発力は、さすがフランケル産駒といったところでしょう。阪神JF→チューリップ賞→桜花賞と関西圏での3連発が、長距離輸送を伴う関東馬の課題となりますが、それも重箱の隅をつつけば、というぐらいの不安点でしかありません。阪神JFで2着だったリスグラシューとの比較でも、心身の成長ではソウルスターリングのほうが圧倒しています」