2017.03.27

四位洋文騎手も太鼓判。
スワーヴリチャード、
「黄金ローテ」で頂点へ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 加えて、すでにクラシックを狙える走りを見せていながら、今後の成長も十分に期待できるという。先述のトラックマンが続ける。

「共同通信杯を勝った時点でも、まだ馬体にはゆるい面があり、成長の余地をかなり残していたそうです。現に、それから春を迎えて、『腹回りがふっくらしてきたし、精神的にもどっしりして成長の跡がうかがえる』とスタッフは言っています。クラシック本番に向けて、ますます好感触を得ているようです。

 また、過去に2度敗れていますが、いずれも負けて強しの内容で、むしろその負けた経験がその後に生きています。文句なしのクラシック候補と言えるでしょう」

 今年の3歳牡馬戦線は、良血の期待馬が総崩れ。実績のある有力馬もケガで戦線離脱したり、ぶっつけ本番になったりと、順調さを欠くケースが目立っている。だが、スワーヴリチャードは順調そのもの。

 共同通信杯から皐月賞という"黄金ローテ"から、またもチャンピオンが生まれるのか。まもなく訪れる、決戦の舞台に注目である。

■競馬 記事一覧>>