2017.03.21

「絶対女王」にも波乱の多い桜花賞。
今年の逆転候補はアエロリットだ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

「フェアリーSは超ハイペースで、先行馬にはかなり厳しい展開でした。にもかかわらず、かかり気味に2番手で運んだアエロリットは2着に粘ったんです。その底力には目を見張るものがあり、相当な”器”であることを証明したレースでしたね。

 確かにレースでかかってしまうという課題はあるものの、逆に言えば、それだけ伸びしろがあるということ。主戦の横山典弘騎手が丁寧に競馬を教えていますし、課題を克服できれば、本番での”大変身”があっても不思議ではありません」

 ベテランの横山騎手が、デビューから育て上げてきた素質馬。経験豊富な名手は、大一番での秘策も練っているはずだ。

 ソウルスターリングという”怪物”退治へ、アエロリットがいよいよ西へ向かう。

■競馬 記事一覧>>