2017.03.17

実績馬が故障、良血馬が不調…。
ますます混迷「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Miura Koichi

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「カデナは、一戦ごとステップを踏んで、TF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)を上げてきています。弥生賞ではスローで、最内を通ってきた馬たちの前残りの展開でしたが、1頭だけ外を通っての差し切り勝ち。時計以上の評価ができます。

 レイデオロは4位としましたが、かなりの伸びしろがあるのは間違いありません。ぶっつけで皐月賞に挑むようですが、完勝するようなことが起こっても不思議ではないほど、上位との力差は僅差です。何かトライアルを使ってくれれば、他との能力比較がより明瞭になったと思いますが、それを推し量れずに本番を迎えてしまうのが、少し残念ですね」

土屋氏
「弥生賞ではコマノインパルスが案外の結果に終わりましたが、スローな流れが向かなかったと考えれば、葉牡丹賞で同馬を一蹴したレイデオロの優位は動きません。もちろん、流れが向いたとはいえ、弥生賞を勝ったカデナも評価しないわけではありません。京都と中山という性格の違うふたつの競馬場で重賞を制した実力は、この世代では間違いなく上位です」