2017.02.25

阪急杯で本命シュウジを逆転へ。
ロサギガンティアに好材料が2つある

 このシュウジに対抗する「ヒモ穴馬」として取り上げたいのは、ロサギガンティア(牡6歳)です。

阪急杯では四位騎手が手綱を取るロサギガンティア阪急杯では四位騎手が手綱を取るロサギガンティア  前走の阪神Cでは、シュウジに対してコンマ2秒遅れ。馬番がシュウジと隣だったこともあり、終始シュウジの直後でレースを進めていましたが、直線に向いてからの進路取りの差で後れをとってしまいました。

 ただ、スムーズに進路を取れたとしても、勝てたかどうかはわかりません。ロサギガンティアもそこまで決め手のあるタイプではないですからね。

 そういう意味では、シュウジとは勝負づけがついているかもしれません。それでも今回推すのは、ロサギガンティアには前回よりも強調できる材料がいくつかあるからです。

 ひとつは、馬場。前回はやや重でした。そういう馬場でも好走実績はありますが、基本的には東京や新潟といった軽い馬場が適しているタイプ。それも、開幕週のような絶好のコンディションのほうが高いパフォーマンスを発揮できると思います。年末の荒れた馬場から回復している今回、ロサギガンティアにとっては明らかにプラスでしょう。

 もうひとつは、今回手綱を取るのが、四位洋文騎手であること。同馬には初騎乗となりますが、個人的には彼の騎乗姿勢が一番好きなんですよね。

 このことは10年以上前から公言していることですが、この「騎乗姿勢」というのは、騎乗するにあたっての心構えという意味ではなく、単純に乗っているときの体勢のこと。鐙(あぶみ)の短さといい、重心が低くて馬の首に張りつくようにして乗る姿は、実に格好よくて惚れ惚れします。彼のように、格好いい騎乗姿勢の騎手が勝つのは、見ていて本当に気持ちがいいものです。

 先日の共同通信杯でも、スワーヴリチャードを見事な騎乗で勝利に導きました。間違いなく、今年のクラシックを賑わせてくれるでしょう。

 そんないい流れにあるジョッキーでもあり、この乗り替わりは好結果を出すためにも、いいタイミングだと思います。阪神Cでシュウジにつけられた差も、四位騎手の手綱さばきによって、縮められる可能性は十分にあります。どんなレースを見せてくれるのか、楽しみです。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>