2017.02.06

調教相手はマカヒキ。激アツ牝馬戦線の
「隠れた大物」アドマイヤミヤビ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 彼女を管理するのは、栗東トレセン(滋賀県)の友道康夫厩舎。スタッフたちは、やはりこの馬のポテンシャルを相当高く見積もっているようだ。関西競馬専門誌のトラックマンが語る。

「友道厩舎には昨年のダービー馬マカヒキがいますが、アドマイヤミヤビはそんな"厩舎のエース"と調教で併せています。それだけ、期待しているということですよね。年明けに放牧から帰ってきた際も、スタッフによれば『走りが伸びやかになっているし、まだまだよくなりそう』とのこと。レースでかかる面もなく、陣営の評価は高いです」

 とはいえ、今回のクイーンCやその後の桜花賞については、距離適性に若干の不安を唱える声もある。初戦、2戦目と1600mのレースを走ったものの、格別に高いパフォーマンスを見せたのが、前走の2000m戦だったからだ。

 その辺り、陣営はどう考えているのか。先述のトラックマンは、陣営の思惑をこう分析する。

「基本的には、桜花賞よりも、次のオークス(東京・芝2400m)のほうが合っている馬でしょう。陣営もオークスが大目標のはずです。ただ、現時点のパフォーマンスの高さから、桜花賞はパスしたくないのが本音。今回のレースで1600mの競馬をみっちり覚えさせると思います。なお、このローテーションは、かつて同じ厩舎にいたヴィルシーナと一緒。彼女と同等か、それ以上の活躍を思い描いているのかもしれません」