2017.01.20

美人騎手・藤田菜七子「願いごとが
かなうなら、筋肉と体幹がほしい」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu  倉元一浩●写真 photo by Kuramoto Kazuhiro


――そのクローンさんの指導はどうでした?

「すごく勉強になりました。日本の競馬学校で言われることとほとんど同じで、基本は世界共通なんだなと思いつつも、その中でもプロの騎手としてより具体的、実践的にどういう練習、トレーニングをするべきか指導してくださいました」

――憧れとされていたリサ・オールプレス騎手(ニュージーランドの騎手で、JRAでも短期免許で騎乗)のほかに、意識するようになった女性騎手はいますか?

「オールプレス騎手はやはり今でも目標ですね。『もっと筋力をつけて』とか、『多くレースを経験して』とか、いろいろアドバイスもいただきました」

――さて、2017年の抱負や目標はいかがでしょう。

「基本的なことは昨年と変わらないんですが、ひと鞍ひと鞍大事に乗って、しっかりと結果を出していきたいと思います。若手騎手のシリーズも始まるので、そこでもいい成績を残したいです」

――8月には20歳になります。

「すごく楽しみです。お酒にはそんなに興味はないのですけど、そういったお付き合いも多くなっちゃうんですかね(笑)」

――大人になって、さらにひと皮剥ける藤田騎手を楽しみにしています。

「ありがとうございます」

 デビュー当時はあどけなさが残っていたが、あれから10カ月経ち、表情は大人びて、インタビューでは慎重に言葉を選びながら、真剣に答えてくれた。取材はボートレースでのイベント後に行なったのだが、大勢のファンの前で司会との丁々発止のやりとりも印象に残った。

 今年はブームも一段落して、ますます関係者やファンの見る目も厳しくなるだろうが、彼女自身は、今の実力を冷静に把握し、さらなる鍛錬を積み、階段を上がっているところだ。2年目の藤田菜七子も追い続けていきたい。

■競馬 記事一覧>>