2017.01.20

美人騎手・藤田菜七子「願いごとが
かなうなら、筋肉と体幹がほしい」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu  倉元一浩●写真 photo by Kuramoto Kazuhiro


休日は近所のショッピングモールに出かけて、気分転換するという藤田騎手休日は近所のショッピングモールに出かけて、気分転換するという藤田騎手 ――デビューしてから少し痩せましたよね。

「体重はたしかに2~3kg落ちました。でもその点は、いらない脂肪が取れたのかなと。筋肉が落ちたわけじゃないので、そこはマイナスに考えていません。だいたいの自分の体重は把握できています。とにかく減量の心配が今は全然ないので、そのぶんは筋力アップをしたいと思っています。だから結構、食べていますよ」

――食べ物の好き嫌いはありますか?

「結構多かったりする中で、ごはんは好きです。ごはんだけでも大丈夫なぐらい(笑)。お菓子ももちろん好きです。おかずは昆布の佃煮がいいですね。とにかくごはんが食べられれば。

苦手なのが生のトマトとか、キュウリとか、ちょっと青っぽいものですね。スイカやメロンも苦手です。茨城県出身なのに(笑)」

――目標を達成できたときなど、自分へのご褒美みたいなものは?

「甘いものとか、食べたくなります(笑)」

――休日はリフレッシュのために、何かされていますか?

「寮にいてレースのVTRを見たり、買い物に行ったりですね。車の免許も取りました。それで洋服を見に出かけるだけでも気分転換になります。あと、音楽を聴いてますね。ワン・ダイレクションが好きです」

――ゲン担ぎはしますか?

「まったくしないですね。ミサンガを巻いていますけど、オシャレかなと思って、つけているだけです。都合いいときだけ神様にお願いするのも失礼かな、って思うので(笑)」

――神様はそういうものですから、いいと思いますけど(笑)。そんな神さまに何かお願いできるとすれば?

「もっとうまく乗れるように、筋肉や体幹をください、ですかね(笑)。全体的に鍛えたいですが、より鍛えたいと思っているのは脚ですね。アブダビでもジュリー・クローンさん(アメリカの殿堂入り元女性騎手)に、そこは指摘されました」