2016.12.26

「大王」より凄い逸材か。年明けに
初陣を飾るアドマイヤロブソン

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 さて、そのアドマイヤダイオウの弟となる2歳馬が、デビューへ向けて着々と準備を整えている。アドマイヤロブソン(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 管理するのは、兄と同じ栗東トレセン(滋賀県)の友道康夫厩舎。兄弟を知るスタッフは、アドマイヤロブソンについて、どんな評価をしているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

兄アドマイヤダイオウ以上の活躍が期待されるアドマイヤロブソン「500kg近い雄大な馬体で、調教では『水準以上の動きを見せている』とのこと。スタッフも確かな能力を感じているようです。この馬の兄には、ダートを主戦場としているアドマイヤスター(牡4歳)もいますが、『雰囲気はアドマイヤダイオウに似ている』と話しています」

 すでにデビュー戦の日取りは決まっていて、1月5日の3歳新馬(京都・芝2000m)に挑む予定だ。トラックマンいわく、「じっくり乗り込んでおり、年内でも使えそうな仕上がり」とのことで、万全の状態で臨めそうだ。

 ただ、能力や状態面についてはスタッフも高い評価をしているが、今後の活躍を見据えるうえでは課題もあるという。先述のトラックマンが説明する。