2016.11.22

天皇賞パス組の、キタサンブラックと
ゴールドアクターはJCで買いか

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki


 天皇賞・春こそ折り合いを欠いて大敗したが、本来は折り合いを苦にしないタイプで、実績のあるコースだけに自分の競馬ができれば、勝ち負けだろう。有馬記念こそ人気薄での勝利だったが、今年勝った日経賞、オールカマーではいずれも僅差ながら、"並んだら抜かせない"勝負強さでGI馬の貫禄を見せている。

 過去、この2頭の対決は2回。昨年の有馬記念ではゴールドアクターが勝ち、キタサンブラックが3着。今年の天皇賞・春ではキタサンブラックが勝ち、ゴールドアクターが12着だった。展開や脚質的にはゴールドアクターが有利と思われるが、1歳若いキタサンブラックにはさらなる上昇度も期待できそうだ。筆者の結論としては、キタサンブラックを見ながら競馬できる有利さもあり、ゴールドアクターを上に見たい。

 逃げ込みを図るキタサンブラックに襲いかかるゴールドアクター、そして後方待機組が......というシーンを思い浮かべるだけでワクワクしてくる。今年のジャパンカップは面白いレースになりそうだ。

■競馬 記事一覧>>