2016.09.26

冠名「サトノ」&池江厩舎の高馬。
今年の期待馬アーサーの前評判

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「現状の調教では、『すごくいい動きをしている』とまでは言い切れず、デビュー前のダイヤモンドと比べると、厩舎の評価は、1、2枚は落ちる印象です。相手はダービー2着馬ですから、それもやむを得ないのですが、厩舎も、オーナーも期待が大きい分、もうワンランク上の動きを求めている、という状況にあるのかもしれません。なお、距離適性については、『2000m以上の中長距離で活躍できそう』とのことですね」

 血統や価格から、求めるレベルはどうしても高くなる。そのため、評価が厳しくなるのも仕方がないだろう。とはいえ、同馬が持つ"高馬の雰囲気"が本物なら、きっとレースで実力を発揮するはずだ。

 いよいよ目前に迫ったサトノアーサーのデビュー戦に注目である。

■競馬 記事一覧>>