2016.08.24

うまい肉、うまい酒、キレイな
おねえさんも待っている小倉競馬場

  • 土屋真光●旅人 Traveler&text&photo by Tsuchiya Masamitsu

「キターァーーー!」

 だが、そう叫んだ直後、ヒワラニが外から伸びてきた。ホワイトパンドラも最後までよく粘っていたものの、ゴール手前でかわされてしまった。

笠松競馬の好調を維持して、小倉競馬でもいきなり的中! いやぁ~、惜しかった......。一応、馬連複と複勝は的中し、「まだまだラッキーは続いている」と自らに言い聞かせてみたものの、完全的中まであと一歩だっただけに、そのショックのほうが大きかった。この気持ちを引きずったまま勝負するのはどうかと思い、続く障害未勝利戦、新馬戦は「見」。ブレイクを取って、場内を散策することにした。

 スタンドを出て、モノレール側の入り口とパドックを挟んだ反対側の広場へ向かうと、何やら黒山の人だかり。その奥から、香ばしい匂いが漂ってきた。

 その正体は、なんと熊本牛の炭火焼き! モモの部分が網の上に吊るされて、大ぶりに削ったものを炭火で焼いてから提供されている。ジューシーなお肉はこんもりと盛られて、ひと皿500円。そのボリュームからしたら、かなりおトクだ。

絶品だった熊本牛の炭焼き やばい、早くもビールが欲しくなる――が、さすがに減量中はビールもいただけないので、再びスタンドに戻って何かのどを潤すものを探した。

 すると、足もとに「アイスコーヒー無料」の文字。しかし、よ~く見ると「女子だけにウマい話」と書かれている。つまり、おっさんはダメというわけか......。まあ、ダメもとで行ってみよう。