2016.08.03

街から遠い盛岡競馬場の旅打ちは、
無料バスの発車時刻に注意!

  • 新山藍朗●旅人 Traveler&text&photo by Niiyama Airo


宇都宮から86もの駅に停まってやってきた盛岡宇都宮から86もの駅に停まってやってきた盛岡  それにしても、東京からずいぶんと北へ来たはずなのに、盛岡は東京にもまして暑い。気温はおそらく30度は超えているはずで、長旅を終えた身には、この暑さはこたえる。東北の夏は、いつからこんなに東京みたいになってしまったのかと、文句のひとつも言いたくなった。

 そこに、さらに追い討ちをかけるような事件発生だ。

 予定では、盛岡駅に着いたあと、そこから競馬場までは無料送迎バスを利用することになっていた。

 ところが、駅のインフォメーションで教えてもらったバス乗り場へ行くと、バスもなければ、列をなしてバスを待っているはずの競馬ファンもいない。

「おかしい?」

 そう思って、バスの時刻表を確かめると、競馬場行の最終がなんと午後1時30分発なのだ!?

 早い、早すぎるぞ、と抗議の声をあげたところで後の祭り。

 ワタシが長旅に耐えて盛岡に着いたときには、もうとっくに最終バスは出てしまっていたのだ。

 はじめは「なんて競馬場だ!」と、怒りの矛先を競馬場に向けたが、事前にちゃんと調べておけば、それくらいはわかること。単に、ワタシがうかつだったのだ。