2016.07.04

オークス2着チェッキーノの弟ラボーナ、華麗な足さばきで走る

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 コディーノは、デビューから3連勝を飾って世代の主役に躍り出ると、2歳王者決定戦となるGI朝日杯フューチュリティS(中山・芝1600m)で2着、牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(中山・芝2000m)でも3着と健闘。王道路線で活躍した。惜しくもタイトル獲得はならなかったものの、その走りで多くのファンを魅了した。

 そのコディーノとチェッキーノを兄姉に持つラボーナ。期待されるのは、それらファミリーがいまだ実現していないGI制覇である。

 実際、その夢をかなえてくれそうな素質は備わっているようだ。育成を担当したノーザンファーム早来(北海道安平町)の山内大輔氏は、今春の取材でこんなコメントを残していた。

「ラボーナは全身を使って走るタイプで、独特のフォームの持ち主ですね。走っているとすごく目立ちます。その走りっぷりは現時点でもかなりいいですし、これからもっとよくなっていくと思いますね。体つきは母親に似ていて、走りは父親のルーラーシップのよさを引き継いでいるかもしれません」

 チェッキーノとコディーノは、どちらもキングカメハメハ産駒。一方でラボーナは新種牡馬のルーラーシップが父となるが、ルーラーシップがキングカメハメハ産駒のため、血統構成はそれほど変わらない。父が違っても、兄姉と同様の力は秘めているはずである。