2016.05.25

「皐月賞はボクがへたくそ」デムーロのリオンディーズがダービーで復権

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu  村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 しかし結果は4着入線で、直線での進路妨害で5着に降着となる。まったく抵抗できずに、上位3頭にかわされたシーンに失望したファンも多いはずだ。

「さっきも言いましたが、リオンディーズはパワーがすごいんです。多少疲れていてもパワーはそのまま。そこに気づけなかった」

 直線入り口では押し切れると感じさせたリオンディーズだったが、鞍上のイメージほど伸びがない。弥生賞ではコーナーを回ってすぐに馬自身が替えた手前がなかなか替わらなかった。

「あの馬は本来すごく手前を替えるのがうまい馬なのですが。皐月賞は『あれ? あれ?』という感じで、少し慌てました。後ろからエアスピネルとサトノダイヤモンドも伸びてきている。併せ馬にしようとエアスピネルの方に寄せようとして、やっと手前を替えたと思ったら、今度は急に外に動いて、迷惑をかけてしまいました。サトノダイヤモンドがエアスピネルのすぐ外にいなければ、いつもの(武)豊サンなら避けられるとは思うんですが、それでもこちらの動きが急だったのは確か。リオンディーズもさすがに消耗していたと気づきました。やっぱり、ボクの乗り方が『バカ』でした。迷惑をかけた皆さんや、応援してくれたファン、それから状態をすごくいい具合に仕上げてくれたスタッフにも申し訳ないことをしました」

 となると、再び極限状態での攻防が予想されるダービーでも、その不安が出てしまうのではないかという疑問が浮かぶ。ましてやキャリア初の左回りだ。しかし、「それは逆です」とデムーロは不安を一蹴する。