2016.05.24

蛯名正義、皐月賞馬ディーマジェスティで挑む「ダービーの勝算」

  • 新山藍朗●文・撮影 text&photo by Niiyama Airo

「皐月賞では、(人気の)リオンディーズが先手を切ったことで、前に行った組にとってはきつい競馬になったのは確か。逆にもし、みんなが想定していたような普通の流れになっていたとして、それでも(ディーマジェスティは)同じような競馬ができていたか、と聞かれたら『わからない』というのが正直なところ。(皐月賞は)単にハマッただけかもしれないし、たとえ平均ペースだったとしても勝っていたかもしれない。つまり、ディーマジェスティが(世間が思っている以上に)本当に強いかどうかわかるのは、ダービーで、ということになると思う」

蛯名騎手が手綱を取るディーマジェスティ。photo by Murata Toshiyuki――ダービーでライバルとなるのは、やはりマカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズの「3強」となりますか。

「皐月賞の結果を受けて、『3強は本当に強いのか?』と(その強さを)疑問視する声もあるようだけど、現実に2~4着までは『3強』が占めた(リオンディーズは4着入線も5着に降着)。前に行った馬は、あれだけきつい競馬をしても大きく崩れていないし、あそこまで踏ん張れるのは、やっぱり強い証拠。

 ただし、青葉賞を勝ったヴァンキッシュランとか、他にも強い馬はいる。そういう意味では、皐月賞は『3強』と言われたけど、ダービーは『○強』とかではなくて、『混戦』だと思う。だから、ライバルはどれか、と決めつけて騎乗することはないですね。それよりも大事なのは、いかに(騎乗馬の)能力を出し切るか、ということ。それがきちんとできた馬が、それだけ勝つチャンスも多くなるんじゃないかな」