2016.05.20

1強説に異議。「オークスで金星」の条件にピッタリはまる2頭を発見

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 そんなローブデコルテの経歴を参考にして、今年の出走馬から同馬に似たタイプを探してみると、1頭の「穴馬」候補が浮かび上がってきた。

 アットザシーサイドである。

桜花賞3着のアットザシーサイド。オークスでも侮れない存在だ桜花賞3着のアットザシーサイド。オークスでも侮れない存在だ  同馬は、阪神JFで5着、桜花賞で3着と好走している。地力があることは間違いない。ただ、いずれのGIも上位争いからは差をつけられていた。また、1400m戦での良績が多いことから、距離延長がプラスになるとは考えられていない。つまり、オークスで人気になる可能性は低い。

 まさに、ローブデコルテに似た1頭である。

 コンビを組むのは、福永祐一騎手。奇遇にも、ローブデコルテの鞍上を務めたのも同騎手だった。さらに福永騎手は、通算3勝とオークスは得意の舞台である。シンハライトの「1強」を崩す“逆転候補”として、アットザシーサイドが大仕事を果たしても不思議ではない。

 ところで、ジュエラーとメジャーエンブレムの不在によって、今年のオークスは例年以上に桜花賞に出走していない「別路線組」に注目が集まっている。ただし、そういった年も、終わってみれば桜花賞出走組が勝利を飾っていることが多い。前述の2007年もそのひとつだが、より直近の2013年もそうだった。