2016.05.18

人間好きでブーブー鳴くシンハライトは、オークスでこそ真価を発揮

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 カイ食いがよくなれば、疲労回復に好影響をもたらすだけでなく、普段の調教でもより負荷をかけられる。何より、レースを使うごとにカイ食いがよくなっているということは、オークスではさらにワンランク上のパフォーマンスを見せられるかもしれない。シンハライトにとってオークスは、まさに真骨頂を発揮する舞台となるのだろう。

 ジュエラーとメジャーエンブレムのライバル2騎は不在だが、そんな一戦だからこそ、シンハライトにとっては大きな意味がある。決戦を前にして、鈴木氏はこんな思いを口にした。

「まずは無事に走ってほしい、という気持ちです。あとは個人的な思いですが、牝馬三冠最後の秋華賞には、ぜひ『3強』と言われた3頭がそろう姿を見たいですね。そのためにも、シンハライトにはオークスでがんばってほしい。ここで結果を出して、GI馬3頭が秋に顔をそろえれば、きっと盛り上がるはずですから」

 強敵がいなくなったとはいえ、2400mのGIを勝ち切るのは決して簡単ではない。だが、シンハライトにはオークスでこそ期待したくなる“利点”がいくつもある。桜花賞の雪辱を果たし、見事「女王」の座を手にすることができるのか、その勇姿をしっかりと見届けたい。

●競馬記事一覧>