2016.05.09

スタッフ驚愕の変貌。ついに覚醒した良血馬ヴァンキッシュラン

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Nikkan sports

 その後、ダービー出走を目指して青葉賞に参戦。好位を追走し、直線に入って早めに先団をとらえると、そのまま後続を寄せつけずに突き抜けた。

 もうひと伸び足りなかった昨年とは、まるで”別の馬”と言えるほどの変貌を遂げたヴァンキッシュラン。同馬を管理する角居勝彦厩舎(栗東トレセン/滋賀県)でも、その急変ぶりには驚いているという。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「スタッフによると、昨年のデビューの頃は『(その能力に対して)まだ半信半疑だった。それが、1勝目を挙げてから一気に変わってきた』とのこと。さらにスタッフは、思わず笑みをこぼしながら『走りのフォームや馬体が一変した。こんなに変わる馬も珍しい』と、うれしい悲鳴を挙げていましたよ。青葉賞の勝ちタイムも、レース歴代2位。本当に力をつけていると思います」

 本番のダービーでは、さらなる強敵が待ち構える。栄冠を手にするのは決して簡単なことではないが、この馬にはそれを予感させるような”要素”があるようだ。前出のトラックマンがその詳細を伝える。

「とにかく闘争心が素晴らしいらしく、スタッフは『ガッツがありすぎるくらい』と話しています。降着になったレースも『他馬に負けまいとして、馬が自ら体を寄せていってしまった』とのこと。その精神力は、相手のレベルが上がれば上がるほど、必要不可欠なもの。最後まで食らいつくことができれば、チャンスがあるかもしれません。また、距離経験がありますし、キャリアも豊富。どんな展開にも対応できるのは強みです」