2016.04.27

嵐を呼ぶ3歳牡馬番付。「3強」崩れて、どうなる日本ダービー?

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 一方のマカヒキも、直線では大外を矢のように伸びてきて猛追。戦前は乗り替わりなどが不安視されたものの、能力の高さを改めて示した。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「皐月賞前日の中山競馬場厩舎地区において、間近に見たマカヒキの、馬体から尻尾までの美しさが強烈な印象として残っています。そして、皐月賞で一番いい脚を使った馬を狙うのが、ダービーにおける常套手段。現状、ダービーの主役を張るのは、この馬が一番ふさわしいと思います」

吉田氏

「弥生賞後の乗り出しが早く、皐月賞に向けて攻めの調教を貫いたマカヒキ。その分、トモが凝縮されたというか、少しこぢんまりした造りになっていましたが、それはおそらく、前腕のボリュームが増したことも影響しているのかもしれません。ともあれ、意欲的な攻め過程を経て、再度の長距離輸送をこなして馬体重2kg増は立派です。

 レースでは、勝ったディーマジェスティに4角から直線前半で離されてしまったのが誤算。左手前に変えるのが、若干遅れてしまったのでしょう。坂の途中からグイグイと盛り返しているだけに、やや悔やまれるところです。それでもこれで、4戦連続で最速上がりをマーク。もう少しペースが落ち着きそうなダービーでは、間違いなく緩急が生まれます。その流れは、スッと動けないディーマジェスティよりも、瞬時に反応できるマカヒキのほうが向いているのではないでしょうか」