2016.04.25

上がり馬ロッテンマイヤー。オークスでこそ騒ぐ「名家の血」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 ずっと脚元に気を使って調整してきたが、馬体の成長によって、今ではケガの不安もほとんど感じないという。クラシックに向かう態勢は十分整っており、本番でも侮れない存在になりそうだ。

 ゆえに、スタッフたちはこの馬の“大仕事”に期待しているという。前述のトラックマンが続ける。

「先行してもいいし、差す競馬もクイーンCで見せています。『どんなレースでもできるし、初めて経験する2400mの距離も心配していない』と、調教師も胸を張っていました。忘れな草賞では、早めに後続がプレッシャーをかけてくる中、逆に最後は突き放しましたからね。勝ちタイムも、昨年のレースを勝った二冠馬(オークス、秋華賞)ミッキークイーンより速くて、ラストの上がりも上回っています。陣営でなくとも、楽しみが膨らみます」

 4戦目でオークスを制覇すれば、史上最少キャリアタイとなる。もちろん、桜花賞組に挑戦する立場であることは間違いないが、名馬がズラリと名を連ねる一族の出であることを考えれば、大舞台で一発があってもおかしくない。