2016.04.22

大本命が沈む波乱。オークスに向けて激変の「3歳牝馬番付」

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「母シンハリーズの子は、牡馬も、牝馬もクラシックに出走していますが、これまでの産駒は『トライアルホース』と呼ばれてしまうような戦績にとどまっていました。それが今回、陣営にとっては悔しいハナ差(2着)だったと思いますが、ようやくクラシック本番でも結果を出しました。その点は高く評価されるべきでしょう。ジュエラーよりも自在性があり、オークスでも好勝負が期待できます」

市丸氏
「タイムフィルター指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)では、シンハライトもジュエラーと同点で1位。桜花賞では出負けせずに中団を追走し、4角を回ってから仕掛けて、内のメジャーエンブレムを抜き去ったときにはほぼ“勝った”という態勢を作りました。最後にジュエラーに差されたのは、目標にされた分で仕方ないでしょう。ジュエラーとは能力的には互角。距離適性では、上回っていると思います」