2016.04.18

別路線からダービー狙うアルカサル。驚異の良化で「馬が変わった」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Nikkan sports

「デビュー前は、調教タイムも目立たず、まだ馬体もモッサリしている感じでした。陣営も、アルカサルの力がどれほどのものか、つかみかねている様子でした。初戦を勝ったあとも、陣営は『なんとか勝てたけど、まだ体が緩いし、完成するのはまだまだ先かな......』と言っていたんです。

 それが2戦目で、馬が大変身。スタッフは『前向きになり、走りに素軽さも出てきた。調教の手応えも抜群で、一気に馬が変わった』と、同馬に対する評価が急激にトーンアップしましたね。実際に見ても、『ここまで変わるか!?』というほど、違う馬になっていました。しかも、その良化はまだ続いているとのこと。このままいけば、ダービーの頃にはかなり楽しみになっているのではないでしょうか」

 兄はダートで実績を積んで、弟は芝で活躍。それぞれ違う道を歩んでいるが、弟アルカサルがこれまでの2戦で見せたロングスパートは、同厩舎の兄ジェベルムーサも得意とするスタイルで、この兄弟の特徴と言える。そのスタイルの秘訣について、前述のトラックマンがこう解説する。

「アルカサルも、兄のジェベルムーサも、後ろ脚の蹴りがかなり強く、トップスピードに乗り切ってからの走りがすごいらしいんですね。それで、あえてレースの中盤に加速して、早めにトップスピードに乗せ、その走りを長く発揮させるスタイルを選んでいるようです」