2016.04.11

安藤勝己がじっくり厳選。超ハイレベルの「3歳牡馬番付」

  • 新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

大関:サトノダイヤモンド(牡3歳)
(父ディープインパクト/戦績:3戦3勝)

 好みの問題なんだけど、実は自分はディープインパクト産駒があまり好きじゃない。やや小柄で、いかにもバネがありそうで、いきなりガンガン走りそうでしょ? 最初から完成されているというか、あまりにも機敏過ぎて、大物感がないように感じてしまうわけ。

 でも、このサトノダイヤモンドは、典型的なディープ産駒とは違う。いわば、ディープ産駒らしくないディープ産駒。馬体がゆったりしていて、すごく見栄えがいい。性格もよくて、カリカリしたところがない。だから、いいんだよね。上位3頭の中では、レースで一番乗りやすい馬はこの馬だろうね。

 現に、ここまで3戦して、どのレースでも強い勝ち方をして楽に勝っている。ただ、それは裏を返すと、そんなに強い相手と戦っていないんじゃないか、という見方もできる。その意味では、この馬にとって、皐月賞が試金石ということになるだろうね。


関脇:マカヒキ(牡3歳)
(父ディープインパクト/戦績:3戦3勝)

 サトノダイヤモンドとは違って、こちらはいかにもディープの子、という感じ。今年もディープ産駒の有力馬が何頭もいるけど、一番お父さんに似ているんじゃないかな。事実、弥生賞ではお父さん譲りの切れ味を披露し、リオンディーズを見事差し切った。

 弥生賞のレース前には、馬体的にも、気性的にも、距離はもう少し短いほうがいいのでは? と思っていただけに、あの勝ち方には正直びっくりした。出遅れて、終(しま)いだけの競馬になったけど、道中ゆったりと、ずっと落ち着いて走っていた。だから、最後にあの脚が使えたんだろうね。

 結果、皐月賞と同じ距離で勝ったわけだから、評価しないわけにはいかない。とはいえ、自分の持論としては、本当に強い馬というのは自ら勝ちにいって勝てる馬。そういう競馬で勝ち切れるだけの強さが、今のこの馬にはあるのかどうか。そこに一抹の不安がある。