2016.04.05

安藤勝己がズバリ選定。桜花賞・オークスに挑む「3歳牝馬番付」

  • 新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

大関:ジュエラー(牝3歳)
(父ヴィクトワールピサ/戦績:3戦1勝、2着2回)

 牡馬相手のシンザン記念(1月10日/京都・芝1600m)で2着。そこで非常に強い競馬を見せて、以来、「この馬はきっと強くなる」と思って注目していた。そして実際、好メンバーがそろった前哨戦のチューリップ賞で2着。叩き合いの結果、ハナ差で敗れたものの、個人的には勝った馬よりもこの馬のほうを高く評価したい。

 というのも、ジュエラーのほうが馬格がある。こういう馬は、馬場状態とか、レース中にちょっとした不利があっても、それに左右されることなく自分の力を出し切れる。それに、競馬を使えば一戦ごとによくなるという特徴もある。たとえ桜花賞で敗れたとしても、オークスではあの渋い末脚が生かされるんじゃないかな。


関脇:シンハライト(牝3歳)

(父ディープインパクト/戦績:3戦3勝)

 この馬の強みは、チューリップ賞でも見せた鋭い末脚。あの切れ味は、牝馬ではこの世代ナンバー1と言っていい。同じ差し馬でも、重厚感があるジュエラーとは違って、シンハライトはスパッと鋭く切れる感じ。その差が、チューリップ賞の結果に出た。

 競馬が“ハマッた”とき、一番すごい脚を使えるのはこの馬。桜花賞がもしチューリップ賞と同じような展開になれば、この馬の切れ味が再び炸裂し、そのまま勝ち切ってもおかしくない。

 ただし、ジュエラーと比べると、この馬は若干ひ弱に見える。道中ごちゃついたり、不利があったりすると、力を出し切れないことがあるかもしれない。それが、ちょっと心配だね。あと、切れ味が鋭い分、馬場が渋ったときにどうなるのか、という不安要素もある。