2016.02.15

切れ味鋭い、マカヒキ。陣営は「父ディープと同じ道」を期待

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 弥生賞では、前走と同じくルメール騎手が手綱を取る。しかし彼には、デビューから3連勝でGIIIきさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)を制したサトノダイヤモンド(牡3歳/父ディープインパクト)というお手馬もいる。そのため、「本番では別の騎手が手綱を取ることになるのでは……」とトラックマンは語る。

 ディープインパクトのキャリアをなぞるように、戦績を積み上げてきたマカヒキ。“英雄”と謳われた父と同様、もしくはそれ以上の活躍ができるのか、熾烈な牡馬クラシック戦線からますます目が離せない。

競馬記事一覧>