2015.12.23

ゴールドシップは、有馬名物「奇跡のラストラン」を見せられるか

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 もちろんゴールドシップの場合は、いかに好調だとしても、「ゲートはちゃんと出るのか」とか、「気分よく走ってくれるのか」とか、「苦手な平均ペースになって、なし崩し的に脚を使わされないか」など、不安のタネはいくらでもある。

 それでも、今年のメンバーで最も“夢”を託したいのは、この馬だ。道中は後方に待機して、3角手前から大まくりという、得意の戦法が今度はきっとハマるはずである。

「ドリームレース」と言われる有馬記念は、1年の最後を飾る感動の舞台だ。今年、その主役にふさわしい馬は、やはりゴールドシップしかいない。

競馬記事一覧>