2015.10.30

【競馬】天皇賞・秋、合言葉は「第2のジャスタウェイを探せ!」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 そんな中、直線で破格のスパートを見せたのは、5番人気のジャスタウェイだった。当時はまだ、伏兵の一頭に過ぎなかった同馬は、前へ急ぐ先行馬群に加わらず、あくまで自分のペースで中団からやや後方を追走。直線では、早仕掛けした有力馬の脚が上がるのを横目に、中央から豪快に突き抜けた。

 人気馬が生んだ前がかりの展開は、結果的に5番人気の伏兵馬が勝利するためのアシストになったのである。

 そして、今年の天皇賞・秋は、このレースと同じ展開が予想される。つまり、「穴馬」を探すヒントは、そこにある。前がかりの消耗戦が想定される中、ジャスタウェイのように後方に待機して、末脚を秘める馬に“金星”をつかむ可能性があるのではないか。

 まずは、当時のジャスタウェイが置かれた状況を振り返ってみたい。天皇賞・秋を迎える前、ジャスタウェイは重賞で3戦連続2着(エプソムカップ、関屋記念、毎日王冠)。「GIでは一歩足りない」と見られていた。

 ただし、同馬はその3戦すべてで、上がり3ハロンの最速タイムをマーク。レースごとに成長を重ね、非凡な能力を秘めていたことは間違いない。敗れた3戦は、「あくまでも展開に左右されてのもの。脚を余して敗れた」という見方もできる。実際、前哨戦となる毎日王冠では、GI2勝のエイシンフラッシュと僅差の勝負を演じて、GIで通用する力は示していた。