2015.10.17

【競馬】「勝負馬券」を公開! 谷桃子が渾身予想で占う秋華賞

ミッキークイーンを有力馬に挙げた佐々木さん。――桜花賞馬のレッツゴードンキは、いかがでしょう? ローズSはスタート直後こそ抑え気味でしたが、途中から馬の気に任せて、無理なくハナ(先頭)に行かせました。

 秋華賞は、逃げ馬があまり好走していないですよね。

佐々木 この馬は、ちょっと引っかかっていく馬だからね、今回距離が2000mに延びるのは課題だね。ただ、前走は休み明けでハイペースを4着。それは評価できると思うよ。本当は前で引っ張っていってくれるような馬がいれば、この馬も楽なんだけどね。

 今回はどうするんでしょうかね? やっぱり逃げるんでしょうか。

佐々木 その可能性もあると思うよ。桜花賞のときもそうだったし、あのときみたいに鞍上の岩田(康誠)くんが思い切っていったら、やっぱりこの馬のペースになると思う。

――ローズSで、それらの実績馬をまとめて負かしたタッチングスピーチのことはどう見ていますか?

佐々木 前回の勝ちっぷりがよかったからね、ここもいい勝負だと思うよ。

 本当に強い勝ち方でしたよね。4コーナー15番手ぐらいから一気に、すごい伸びを見せてくれました。でも、私が気になるのは、今回は最後の直線が短いじゃないですか。だから、あまり遅く仕掛けていくと、間に合わないんじゃないかという気がします。

佐々木 この馬やミッキークイーンのような、終い勝負の脚質の馬には、前で引っ張ってくれる馬がいるといいね。ペースが緩かったりすると、道中の手応えはあるんだけど、いざ追っても伸びないことがある。それは、周りもわかっていることだから、その辺は乗り役同士の駆け引きがポイントになるね。

メモを取りながら佐々木さんの解説を真剣に聞く谷さん。――その他、気になる馬はいますか?

佐々木 ユタカさん(武豊)が乗るトーセンビクトリーは、2走前に古馬の牡馬相手に1000万条件クラスを勝ったのは評価できますね。あとは、M・デムーロが乗るクイーンズリング。ローズSでは、直線で(騎手が)ムチを落としていたから。

――最後は満足に追えなかったみたいですね。

佐々木 そう、ムチを落とすと、本当に頼りなくなっちゃうからね。調教なんかはムチがなくても大丈夫だけど、レースでは(ムチが)あるとないとでは全然違う。ムチがないと、手で叩くこともあるからね。

 え~ッ!? ムチの代わりに手を使うことがあるんですか!?

佐々木 うん、あるある。何もなかったら、手で叩くしかない。

 ステッキで叩くのと、手で叩くのは違いますよね。

佐々木 そうそう。でも、後ろムチは届かないから、叩くマネだけ。肩ぐらいはパンッとやるけどね。