2015.10.16

【競馬】超良血タッチングスピーチ。秋華賞で開かれる名牝への扉

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Nikkan sports

 武器は、オークス馬を完封した非凡な末脚。いまだ進化の途中で、一段と磨きがかかれば、「ブエナビスタやジェンティルドンナ級に育つ可能性もある」と、関西の競馬関係者の間ではそれほどの評価がなされているという。

 とすれば、タッチングスピーチにとって、秋華賞はまさに“名牝”への試金石の一戦となる。京都内回りの芝2000mというコースは、直線が短く、彼女の末脚が不発に終わることも考えられるが、もしその条件を克服して栄冠を手にすることができれば、一気に栄光への道が開ける。

 タッチングスピーチは、秋華賞で“名牝”への第1章を刻むことができるのか。運命のゲートが、まもなく開く。

秋華賞に挑む「良血3強」の勝算
(1)トーセンビクトリー編>>
(2)ミッキークイーン編>>

競馬 の記事一覧>