2015.04.30

【競馬】ダービーまで1カ月。「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 2位は、皐月賞2着のリアルスティール。ポイント的には1ポイント増加したものの、順位は前回1位からワンランクダウンとなった。

木南友輔氏(日刊スポーツ)

「皐月賞では直線入り口で絶好のポジションにいながら、最後はドゥラメンテに屈してしまいました。しかし、まだまだ逆転の余地はあるはず。共同通信杯では好位のインから抜けて、ドゥラメンテを競り落としました。ダービーでも、内枠からの逆転シーンが想像できます」

土屋氏

「皐月賞は、完璧過ぎるレース運びをして2着。あの競馬で負けたのなら『ドゥラメンテが強過ぎる』と思った反面、『ドゥラメンテとは見た目ほどの差はないな』という印象も持っています。というのも、スタート、仕掛けどころと、いずれもリアルスティールは反応が良過ぎ。その長所が、皐月賞では逆に“アダ”となったように思うからです。その辺をうまくコントロールできれば、ダービーで逆転があってもおかしくありません」

 3位は、サトノクラウン。皐月賞ではスタートで立ち遅れて、4コーナーでも不利を受けて不完全燃焼に終わったが、6着に沈んだ分、ランクダウンは免れなかった。

市丸氏
「ダービーで逆転があるなら、(皐月賞で)出遅れて、4コーナーで大外を回らされて、さらにドゥラメンテにもぶつけられたサトノクラウンでしょう。きちんとスタートできるなら、という条件はつきますが、ドゥラメンテを脅かせる存在はこの馬以外にいないと思います」

土屋氏

「日本ダービーの“あるある”は、弥生賞馬(サトノクラウン)の巻き返し。その弥生賞の完璧な内容からしても、皐月賞の敗戦だけでは評価を落とせません」