2015.03.24

【競馬】ドバイワールドカップ、今年も日本馬に勝算あり!

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Kyodo News

 一方のホッコータルマエにとっては、昨年、同レースに大敗していることから、向かい風が吹いている印象は拭えない。しかし、こちらの父であるキングカメハメハも万能型の種牡馬で、海外遠征でもルーラーシップ、ロードカナロアと相次いで産駒が成功を収めている。昨年の大敗も、振り返れば、その後に見舞われる体調不良の予兆だったと考えれば、むしろ悲観する要素はない。二度目の挑戦となる陣営の執念に期待したい。

 ドバイWCの前に行われるドバイシーマクラシック(芝2400m)には、昨年の日本ダービー馬ワンアンドオンリー(牡4)と、桜花賞馬ハープスター(牝4)の、4歳牡牝エースが揃って参戦する。ここもライバルは強力だ。中でも昨年のブリーダーズカップターフの1、2着であるメインシークエンス(セン6)とフリントシャー、そして香港現役最強馬のデザインズオンローム(セン5)は厄介なことこの上ない。

 メインシークエンスは3歳時に英国ダービー2着などの成績を残してはいたものの、目立った重賞タイトルはなかったが、昨年移籍したアメリカで一気に素質が開花し、1年で4つのGIタイトルを手にした。アメリカでの活躍は、平坦コースがプラス要因になったと考えられ、同じく平坦であるメイダンの芝コースはマイナスにはならない。
 
 フリントシャーは昨年の凱旋門賞(ロンシャン、芝2400m)でも2着となり、暮れの香港ヴァーズ(シャティン、芝2400m)では断然の人気に応えて勝利を挙げた。フランス、アメリカ、香港と転戦したように遠征慣れは証明済み。