2014.12.19

【競馬】朝日杯FS。偉大な兄たちに続くか、アッシュゴールド

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Nikkansports

 競走馬のデビュー戦は、必ずしもその馬の適性に合致したものとは限らない。特に2歳戦においては、中長距離に適性の高い馬でも短い距離のレースでデビューを迎えることも少なくないのである。しかし、GIを勝てるだけの力を持った馬ならば、そうした不適な条件であったり、完調でなくともそれなりの格好をつけるはずで、それが最低限掲示板確保という共通項に繋がっていると考えられる。

 もうひとつが、ここまでのレースレベルだ。まず新馬戦で、アッシュゴールドに先着した5頭のうち、新馬・未勝利を突破したのは勝ったヒルノマレットと2着のウインソワレの2頭のみ。また負かした10頭を含めても、これまでに2勝を挙げている馬は1頭もいない。前出ウインソワレが牝馬限定GIIIファンタジーステークス(京都、芝1400m)で3着となったのが唯一の活躍例と言っていいだろう。同じように、2戦目の未勝利戦に目を向けると、その後このクラスを抜けたのは2着のヴェルテスキングと3着のアイファーサンディのみ。一見、鮮やかな勝ちっぷりでも、相手のレベルを考えると、やや物足りなさすら感じる。
 
 また、好走した2走(未勝利戦、デイリー杯2歳S)はいずれも終始外を回ってのもの。新馬戦での足元の悪い内で揉まれたことが、アッシュゴールドにトラウマとして残っているのかもしれないが、同じようなレース運びで勝てるほどGIは甘くないだろう。

 逆にこの逆境を跳ね除けられるようであれば、偉大な兄たちに一歩近づく。新装した2歳チャンプ決定戦は伝説の幕開けとなるか。