2014.11.23

【競馬】外国人牧場長が激白。目指すは「タービー3勝」

  • 河合力●文 text&photo by Kawai Chikara

 生産規模の拡大の他にも、今後の牧場発展のために進行していることがある。例えば、パカパカファームのコミュニケーションマネージャーであるケイト・ハンター氏は、競馬場などで馬主や調教師とのコネクション作りに務めている。「牧場の馬が活躍するには、さまざまなコネクションを作ることが重要」という、スウィーニィ氏の考えから生まれた取り組みだ。

「牧場が忙しいときは、たとえ生産馬が大レースに出走するとしても、私が競馬場に行くわけにはいきません。レースを現場で観戦しても、牧場にいる仔馬の将来には関係ありませんからね。私が何より重要視すべきことは、生まれてくる仔馬たちのチェックをすること。それが、仔馬の将来にも、牧場の未来にもつながっていきます。となると、私の代わりに競馬場に行って、いろいろなつながりを作るスタッフが必要だと思ったんです」

 生産頭数の増加や、コネクション作りの徹底など、ダービー馬を輩出してからも、新たなチャレンジを続けているパカパカファーム。それらの先には、「ダービー3勝」という、厳しくも、明確な目標があるのだろう。
 
 牧場の未来について、詳細なビジョンを掲げているスウィーニィ氏。彼は、今後の日本競馬についても、提案したいアイデアがあるという。次回は、スウィーニィ氏による「日本競馬への提言」をお伝えする。

(つづく)

   ハリー・スウィーニィ

1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。
『パカパカファーム』facebook>