2014.11.15

【競馬】エリザベス女王杯は「人気落ち」ヴィルシーナが狙い目

 何にしても、オークス馬にふさわしい強さを見せたレースでした。2着に敗れたとはいえ、評価を下げる必要はまったくありません。

 古馬との対戦は今回が初めてですが、札幌記念(8月24日/札幌・芝2000m)でゴールドシップ(牡5歳)ら古馬トップクラスの馬を破ったハープスターを物差しにすれば、心配には及びません。というか、ヌーヴォレコルトはハープスターと再戦するまでは、他の牝馬には負けたくないはずです。秋華賞での悔しさを、ここできっちりと晴らしてくれるのではないでしょうか。

 このヌーヴォレコルトに、秋華賞で勝ったショウナンパンドラにもマークが必要です。実際にヌーヴォレコルトを負かしているにもかかわらず、今回も人気にならないのでしょうが、この馬もハープスターに迫る存在だと思っています。

 ショウナンパンドラは、とにかく夏を越して馬が変わってきました。秋華賞では、コース取りの差が生きたとはいえ、自ら動いて勝ち切ったことは事実。ヌーヴォレコルトに目標とされながら、最後までその追撃をしのいだ実力は、見過ごせません。

 古馬陣では、実績的に見て、やはりメイショウマンボ(牝4歳)が気になりますね。気性の問題が囁かれていますが、今年に入って大きく負けているのは、牡馬との混合戦だけ。牝馬同士の戦いであれば、一躍浮上しても不思議ではありません。それに、能力さえ出し切れば、あっさりと勝ってしまうタイプ。1着か、大敗か、という結果が予想されますが、軽視できない一頭です。

休養明けでも軽視できないヴィルシーナ。休養明けでも軽視できないヴィルシーナ。  さて、今回の「ヒモ穴馬」には、宝塚記念(6月29日/阪神・芝2200m)から、ぶっつけで挑む、ヴィルシーナ(牝5歳)を取り上げたいと思います。

 3歳時には、牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)すべてのレースで、ジェンティルドンナに次ぐ2着。春の「女王決定戦」ヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)では、昨年、今年と連覇を飾っています。加えて、前走の宝塚記念では、牡馬一線級を相手にして、3着と好走。この実績は、ここでは最上位と言えます。

 宝塚記念では、果敢にハナを切って、自分のペースで走れたことが奏功したと言えますが、同レースを制したのが、ゴールドシップだったことを思えば、その好走は一層評価できます。というのも、ゴールドシップが勝つ場合はおおよそまくりの競馬で、逃げ馬は潰されてしまうことが多いからです。そうした厳しい展開にあって、ヴィルシーナは最後まで踏ん張ったのですから、ここでは能力的にも一枚上と考えていいでしょう。

 当初出走を予定していた府中牝馬S(10月18日/東京・芝1800m)を回避。エリザベス女王杯に直行することになったことが、マイナス材料と見られているようですが、それで人気を落とすようなら、なおさら狙い目と言えるでしょう。

ヴィルシーナの他にもいるぞ!
買える話があるエリザベス女王杯の超穴馬を今すぐ無料で教えます!!