2014.11.14

【競馬】「美人予想家」選定!エリザベス女王杯の穴馬

  • 浜野きよぞう●構成 text&photo by Hamano Kiyozo

レベルが高い3歳馬を軸に勝負!
桃瀬ゆき(グラドル)

ももせ・ゆき/平日はOL、週末はグラビアアイドルと、二足のわらじを履く。102cmのIカップバストが売り。ツイッターでぶっちゃけトークを展開し、お酒が大好きというファンキーガール。最新DVD『102センチの恋旅行』(メディアブランド)が絶賛発売中!ももせ・ゆき/平日はOL、週末はグラビアアイドルと、二足のわらじを履く。102cmのIカップバストが売り。ツイッターでぶっちゃけトークを展開し、お酒が大好きというファンキーガール。最新DVD『102センチの恋旅行』(メディアブランド)が絶賛発売中! ◎ヌーヴォレコルト
○ヴィルシーナ
▲ショウナンパンドラ
△ブランネージュ

 今年の3歳牝馬って、かなりレベルが高いと思うんです。あのハープスター(牝3歳)といい競馬をしてきた馬が何頭もいますからね。

 というわけで、本命はヌーヴォレコルトです。オークス(5月25日/東京・芝2400m)を勝っていますから、距離が伸びるのは大歓迎ですし、末脚の鋭さは決して古馬にもヒケは取りません。秋華賞は勝ち馬にうまく立ち回られただけで、この馬のほうが強い競馬をしていました。ここは秋華賞の借りをぜひ返してもらいたいですね。

 対抗はヴィルシーナ(牝5歳)です。この春はヴィクトリアマイル(5月18日/東京・芝1600m)で連覇を達成し、続く宝塚記念(6月29日/阪神・芝2200m)でも3着と好走。折り合い面に不安はないし、非凡な勝負根性もあります。前哨戦を使わずにぶっつけ本番というのはマイナス材料ですが、そこは持っている能力でカバーできるんじゃないかな。

 そして、ショウナンパンドラ(牝3歳)が▲。勝った秋華賞は浜中俊ジョッキーの好騎乗が目立ちましたが、それでも勝ち切れたのは評価できます。全9戦で3勝、2着4回。連対を外した2走も5着と、安定感があるのも魅力です。現在、全国リーディング3位と波に乗る浜中ジョッキーが、もうひと仕事してくれるかも。

 特注馬にはブランネージュ(牝3歳)を。前走の秋華賞は見せ場たっぷりの4着。この馬も掲示板を一度も外したことがなくて、前で器用な競馬のできる馬。人気もないだろうし、馬券のヒモには入れておきたいですね。

【推奨馬券】本命のヌーヴォレコルトから、印をつけた3頭へ流す馬単で勝負します!

桃瀬ゆき公式ブログはこちら>