2014.06.28

【競馬】宝塚記念、メイショウマンボが「3強」を蹴散らす

 1回だけなら、たまたま展開がはまったとも考えられますが、2回続けて決め手を見せたことは、地力が強化された証と言えるでしょう。その後、出走を予定していた目黒記念(6月1日/東京・芝2500m)は回避。もし使っていたら余力が残っていなかったでしょうから、ここに向けてじっくりと調整できたこともプラス材料です。

現役牝馬最強の座を狙うメイショウマンボ。 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、大阪杯(4月6日/阪神・芝2000m)の惨敗(7着)で大きく株を下げたメイショウマンボ(牝4歳)を取り上げたいと思います。

 昨年は、オークス(2013年5月19日/東京・芝2400m)、秋華賞(10月13日/京都・芝2000m)の牝馬二冠を制し、古馬混合のエリザベス女王杯(11月10日/京都・芝2200m)も快勝。(ジェンティルドンナとは未対戦のため)暫定牝馬ナンバー1の座につきました。その3勝はすべてワンサイドゲームだったので、たとえジェンティルドンナと対戦しても、互角以上の勝負になると思っていました。

 ところが、今年の始動戦となった大阪杯で、前述したとおり大敗。同い年のダービー馬キズナ(牡4歳)や、菊花賞馬エピファネイア(牡4歳)にまったく太刀打ちできませんでした。それまでの実績からすれば、僕自身、勝ち負けできると思っていましたが、期待外れに終わりました。その極端な負け方に、「やっぱり牝馬はこんなものか......」と思ったファンも多かったみたいですね。

 その際、僕が思ったことは、内面的な部分で何かしら問題があったのではないか、ということ。結果、本来の力からすれば、圧勝してもおかしくない、次戦のヴィクトリアマイル(5月18日/東京・芝1600m)でも、勝ち切れませんでした。

 それでも2着と、復調気配がうかがえます。今回は、休み明け3戦目。もともと叩き良化型の馬ですから、今度こそメイショウマンボらしいレースを見せてくれるのではないかと思っています。ジェンティルドンナを破って、真の牝馬ナンバー1の座につけるのか、必見です。

大西直宏が払戻300万円を狙う!
宝塚記念の◎-○『1点馬券』を無料で教えます!!