2013.12.14

【競馬】朝日杯FS、最後の中山開催で武豊が奇跡を起こす

 もちろん、ベルカントにも課題はあります。1200m、1400m戦しか経験がなく、今回が初のマイル戦。そして、これまで逃げて結果を出してきましたが、このレースは流れが速くなりやすく、前に行く馬にとっては厳しい展開が予想されます。ただそうした試練も、ベルカントなら克服できると思っています。2走前の小倉2歳S(2着。9月1日/小倉・芝1200m)を見たときに、実は控えても競馬ができるのではないかと思ったからです。

 普通、逃げ馬というのは、前に馬がいると怖がったり、プレッシャーを感じたりするものですが、ベルカントは小倉2歳Sのときに、4コーナーで馬場のいい外へ出したあと、インコースをすくっていった馬たちに食らいついて差し返して見せたのです。おそらく、スピードの違いでハナを切っているだけで、前に馬がいても問題なく走れるでしょうし、速い流れになれば控えることもできるのではないでしょうか。

 鞍上は、武豊騎手です。JRAのGI全22レース中、勝っていないのは、この朝日杯FSだけ。これまでに勝っていないのが不思議なくらいで、2着は過去に3回もあって、すべてコンマ1秒以内の僅差でした。

 そもそも、武豊騎手が初めて朝日杯FSにチャレンジしたときも(1994年)、2番人気のスキーキャプテンに騎乗して、勝っていてもおかしくありませんでした。そのとき、大外から差していったスキーキャプテンをクビ差抑えて勝利したのが、最内から綺麗に抜け出してきた1番人気のフジキセキ。同馬の手綱を取っていたのは、武豊騎手が今回騎乗するベルカントを管理している角田晃一現調教師です。

 そんな因縁のあるふたりが、今回タッグを組んで朝日杯FSに挑みます。そこに、何か運命的なものを感じるのは、私だけではないと思います。

◎-○で想定50倍!ベルカントの他にもいるぞ衝撃穴馬!
そのワケアリ話に大西直宏も驚いた!朝日杯FS【穴の3点馬券】を無料配信!!