2013.11.09

【競馬】エリザベス女王杯、うま味は「人気薄」のハナズゴール

 さらに、前走の府中牝馬S(9着)と代わらず、武豊騎手が手綱をとるのも心強いです。レース全般で折り合いに注力し、終(しま)いに鋭い決め脚を爆発させるような馬は、テン乗り(※初めてその馬に騎乗すること)ではなかなか難しいものがあります。その意味でも、2回目となる武豊騎手の騎乗は好材料です。

 また、例えばテン乗りで勝った場合、大概いいイメージだけが残ります。もちろん、それも悪いことではないのですが、負けた場合のほうが、負けた理由は何なのか、乗り方なのか、馬の状態なのか、といろいろ考えます。そしてそれが、次走に向けての対策となるのです。名手・武豊騎手であれば、当然あらゆる手を打ってくると思います。それもまた、楽しみですね。

 今回は人気をかなり落としそうですが、前走までとは明らかに状況が違います。プラス要素がたくさんあるだけに、“一発”の期待が大いに膨らみます。

ハナズゴールの他にもまだまだいるぞ衝撃穴馬!
大西直宏も驚いた【エリザベス女王杯のJoker】を無料公開中!!