2013.05.19

【競馬】繁殖牝馬シルバーレーンが新興牧場にもたらした「奇跡」

  • 河合力●文 text&photo by Kawai Chikara

「あの勝利にはびっくりしましたね。ピンクカメオは3戦目で、NHKマイルカップと同じ東京競馬場の500万下特別(芝1400m)を勝っていたので、『好走してくれるかも』とは思っていましたが、まさか勝つとは……。当日、雨が降って力のいる馬場状態になったことが、彼女に味方したのでしょう。ダートでも通用する父のパワーが生きました」

 スウィーニィ氏が父フレンチデピュティに感じていた一抹の不安は、幸運にもピンクカメオがGIを手にする大きな力になったのである。「彼女の勝利がパカパカファームの注目度を上げてくれたことは、言うまでもありません」とスウィーニィ氏は付け加えた。

 ピンクカメオはその後、勝利こそ挙げられなかったものの、オークスで5着に入るなど、重賞戦線で奮闘して競走生活を終えた。母シルバーレーンは、ピンクカメオ以降、2頭の子を生んで、うち一頭の牝馬カウアイレーン(父キングカメハメハ)は、5勝を挙げる活躍。オープンのターコイズSを制し、重賞のクイーンSでは3着と好走した。

 誕生したばかりの牧場に大きなプレゼントをもたらしたシルバーレーン。GI馬を生み出した偉大な母の記憶は、パカパカファームの地で残り続けるに違いない。

 パカパカファームの原動力となったのは、紛れもなく、プリンセスリーマ(メイショウドトウの母)やシルバーレーンなどの輸入繁殖牝馬だろう。その繁殖牝馬を選ぶ過程にこそ、スウィーニィ氏独自の理論がある。

 次回は、スウィーニィ氏の繁殖牝馬選びの哲学に迫る。

(つづく)

 ハリー・スウィーニィ

1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。
『パカパカファーム』facebook>